コロナで収入減の家庭増 高校生と保護者を調査

子供の貧困対策に取り組むキッズドアは4月13日、高校生74人と、その保護者110人を対象にした「新型コロナウイルスの影響による⽣活状況アンケート」の結果を公表した。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の影響で、アルバイト代が減った高校生や、収入が減少し家計が苦しい家庭が増加していることが分かった。

アルバイトをしている高校生39%に、その目的を尋ねたところ▽お小遣いや趣味▽大学や専門学校進学など将来のための貯蓄▽教材や部費など高校生活に必要なお金――などの回答が多かった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。