再休校・休校延長の判断広がる 地域での感染拡大を懸念

新型コロナウイルス感染症の広まりを受け、4月13~14日にかけて、新たに新潟県、茨城県、広島県が全県立学校を再び臨時休校とする対応を発表した。沖縄県でも、県内全ての県立学校の臨時休校期間を延長する方針を決めた。いずれの県も地域における感染拡大への懸念から、休校の延長、再実施に踏み切った。


新潟県・新潟市
新潟県では4月13日夜、新年度から再開していた県立の高校や特別支援学校などについて、15日から5月6日まで、再び臨時休校とする方針を学校に通知した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。