退職教員を学習指導員に 学校再開後の協力求める、文科相

新型コロナウイルスの感染拡大で多くの学校が臨時休校を続ける中、萩生田光一文科相は4月14日の閣議後会見で、学校が再開された時に、授業の遅れを取り戻す補習などをサポートする学習指導員として、退職した教員に協力を求める考えを表明した。「休校明けの学校現場は、これまでに経験のない状況下で、学習支援をはじめ、子供たち一人一人へのきめ細やかな配慮がいつも以上に重要となる。経験豊富な退職教員の協力があれば、学校現場も非常に心強い」と、退職教員に協力を求める狙いを説明した。

萩生田文科相は、休校明けの学校現場に対する支援として、「まず、教職の資格を持った加配教員でサポートする。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。