高大接続改革の進め方に「反省」表明 入試改革検討会議

今後の大学入試について議論する文科省の「大学入試のあり方に関する検討会議」の第5回会合が4月14日、WEB会議で開かれ、大学入学共通テストにおける英語民間試験の活用延期と記述式問題の導入見送りという大きな混乱の原因は、大学入試改革を通して高校教育を変えていこうとした、いわゆる「高大接続改革」の進め方にあったとして、当時の経緯をよく知る委員から「本末転倒だった」「責任を感じている」などと明確な反省が表明された。高大接続改革が2020年の共通テスト導入という時間的な制約の中で進められ、結果として準備が不十分だったことが露呈し、大学入試を巡る社会的な大混乱を引き起こしたとの認識でほぼ一致した。今年1月にスタートした検討会議は、最初の課題だった経緯の検証について、議論の山場を迎えた。

この日の会議では、まず島田康行・筑波大学人文社会系教授が、共通テストにおける国語の記述式問題について意見を表明。……