児童虐待防止の要望書 自民党女性局が文科省へ

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が拡大している自治体で小中高の休校が長引く中、家庭内での児童虐待が増えるなど子供の生活環境が悪化することを懸念し、自民党女性局の三原じゅん子局長ら参院議員3人が4月14日、文科省を訪れ、上野通子文部科学副大臣に虐待防止策の徹底を盛り込んだ要望書を手渡した。

同省を訪れたのは、児童虐待防止に取り組む自民党女性局で局長を務める三原じゅん子参院議員と、松川るい参院議員、本田顕子参院議員。新型肺炎の感染拡大により保護者が休業を余儀なくされ、家計が落ち込むなどして、家庭内の児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)が増えることを懸念した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。