精神疾患を学べる教材を開発 高校新学習指導要領に対応

国立精神・神経医療研究センターなどの研究グループは4月17日までに、高校の「保健体育」での活用を想定した、精神疾患について学ぶ教材「こころの健康教室 サニタ」を開発したと発表した。アニメーション教材や当事者のインタビューなどを通じて、高校生が精神疾患の予防や早期治療の重要性を考えられるようになっている。

高校の新学習指導要領では、「保健体育」で新たに精神疾患の予防と回復が学習項目に追加され、うつ病や統合失調症、不安症、摂食障害といった精神疾患について理解するとともに、早期発見や支援、回復可能性、早期に治療を受けやすい環境づくりの重要性などを学ぶことになっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。