【入試改革】 能力を多面的に評価する「丁寧な入試」を

大学入試改革の一環として、受験生の能力をいかに、さまざまな角度から評価するかを協議する文科省の「大学入学者選抜における多面的な評価の在り方に関する協力者会議」が4月17日、2回目の会合となるWEB会議を開いた。大学の学長など学識経験者らが務める委員のうち、関西学院大の巳波弘佳・学長補佐が「多人数を1点刻みで機械的にふるい落とす入試から、一人一人の能力を見つめる丁寧な入試への転換が必要」と提言。佐賀大学アドミッションセンター長の西郡大委員は、受験生の高校時代の活動を自己申告で入試に加点する佐賀大の先進的な取り組みを紹介するなど、ペーパーテストでは測れない受験生の主体的な取り組みを評価したいとする発言が相次いだ。

会議は文科省高等教育局大学振興課と委員たちをオンライン映像で結ぶWEB形式で行われ、委員のうち3人が発表し、質疑応答した。……