【コロナと学校】AO入試・推薦入試 「募集遅らせる必要」

緊急事態宣言の対象が全国の都道府県に拡大され、臨時休校する学校が一段と増える見通しとなった事態を受け、萩生田光一文科相は4月17日の閣議後会見で、大学入学者選抜を巡り、「受験生を第一とした立場で措置を講じていくことが重要」と述べ、大学側に配慮を求める考えを表明した。その上で、AO入試や推薦入試について「募集の時期を遅らせる必要がある」との認識を明らかにした。

萩生田文科相は、記者団との質疑の中で、大学入学者選抜について、「各大学が自主的に行うものだが、新型コロナウイルス感染症による学校の臨時休校が続く中、事態の重大性や緊急性に鑑み、文科省としても、何よりも受験生を第一とした立場で配慮し、措置を講じていくことが重要と考えている」と切り出した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。