【コロナと学校】5月末まで休校延長 一部自治体が方針

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、臨時休校を5月31日まで大幅に延長する自治体が出てきている。4月20日までに、栃木県那須塩原市と、岐阜市など岐阜県内10市町が5月末まで休校する方針を決めた。いずれの自治体も地域内における感染者数が増加しており、連休明けの段階でも状況が不透明であることを理由に挙げている。

4月16日に市立小中、義務教育学校の5月31日までの休校延長を決めた那須塩原市では、休校期間中の登校日は設けず、仕事を休めないなどの事情がある家庭については、学校ではなく学童保育で預かる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。