「自己調整力を高める機会」 教諭と保護者がオンライン対談

休校期間中の自宅学習の進め方に不安やストレスを抱える保護者に向けて、オンライン対談イベント(オリジナル子育て主催)が4月18日と19日の両日に開かれた。全国から計150人の教育関係者と保護者らが参加し、ビデオ通話やチャットを使って活発に意見を交わした。初日は、ICT教育の先進校として知られる東京都小金井市立前原小学校の蓑手章吾教諭と、長男の不登校をきっかけに、公教育と保護者独自の学校外教育を組み合わせる「ハイブリッドスクーリング」を実践する松浦真氏(「G-experience」プログラムディレクター)がメインスピーカーとなり、教員と保護者双方の視点から、休校期間中の家庭学習の在り方を話し合った。

蓑手教諭は自身が受け持つ5年生児童を対象に、授業支援ツール「スクールタクト」を使用し「オンライン自習部屋」を学年合同で運営している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。