【コロナと学校】文科相 BYODの積極活用を呼び掛け

臨時休校がほぼ全国に広がる中、萩生田光一文科相は4月21日の閣議後会見で、「家庭にICTを活用して学習できる環境を整えることが重要」として、家庭で所有しているパソコンやタブレットを学習に活用するBYOD(Bring Your Own Device)に積極的に取り組むよう、公立学校の設置者である自治体や保護者に働き掛ける考えを表明した。

文科省は同日、子供たちの学びの保障を自治体に求めた通知で、BYODについて「自治体や学校の平時におけるICT活用ルールにとらわれることはない」とした上で、「家庭のパソコン、タブレット、スマートフォンなどの利用や、学校の端末の持ち帰りなど、ICT環境の積極的な活用に向け、あらゆる工夫をすること」を明記した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。