【コロナと学校】学びの保障を求め自治体に通知 文科省

全国のほとんど全ての学校が臨時休校に追い込まれる中、文科省は4月21日、子供たちの学びの保障について調査した結果、「個別の児童生徒の学習支援や心身の確認状況などに自治体間に大きな差が見られる」として、臨時休校中に最低限取り組むべき事項をまとめ、都道府県の教育委員会などに通知した。さらに同省は、そうした最低限取り組むべき事項について、域内の市町村が対応できているか確認するためのチェックリストを通知と共に送付し、都道府県教委に報告するよう求める異例の措置をとった。

この通知について、萩生田光一文科相は同日の閣議後会見で、「全国を調査したところ、いまだに児童生徒の手元に新年度の教科書が届いていない自治体や学校があることが確認された」と述べ、臨時休校した学校現場の現状に深刻な問題が起きているとの認識を示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。