新型コロナ不況で数十万人の子供が死亡の恐れ 国連報告

国連は4月22日までに発表した報告書の中で、新型コロナウイルス感染症による世界的な不況によって、今年はさらに数十万人の子供が死亡する恐れがあり、近年、低下傾向を示していた乳児死亡率も逆転する可能性があると警告した。

同報告書によると現在、約190カ国で休校措置がとられ、世界中の子供たちが学校に通えておらず、約15億人の子供と若者に影響が及んでいる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。