再開後の学校に協力を 文科相が退職教員にメッセージ

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡大により、全国各地の小中高で臨時休校が続く中、萩生田光一文科相は4月21日、全国の退職教員に向けて、学校再開後に学習指導員などとして教員の役割を補完してもらうよう、積極的な協力を呼び掛けるメッセージを出した。児童生徒が家庭で学習した内容をしっかり理解しているかどうか、学校再開後に補習授業もしながら確認しなければならないとし、現職教員の過重負担を避けるため、学校現場の経験豊富な退職教員の協力を得ながら、きめ細かな指導につなげたいとしている。

萩生田文科相は4月14日の閣議後会見で「児童生徒の学習機会の保障に社会総がかりで取り組んでいくことが重要だ」と述べ、学校再開に当たっては教員の加配のほか、全国で約2万人の学習指導員を確保するための経費を本年度補正予算に盛り込んだと説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。