【コロナと学校】授業日数確保で夏休みゼロも 市長表明

新型コロナウイルスの影響による臨時休校の長期化を受けて、兵庫県小野市の蓬莱(ほうらい)務市長は4月22日、授業日数の確保のため、市立の小中学校や特別支援学校の夏休みを「ゼロ」にする方針を表明した。新型コロナウイルスの終息が見通せない中、学校再開が5月7日以降も延長した場合などを想定した準備を、保護者や学校に求める趣旨。

同市は4月9日から5月6日まで、市立の小中学校と特別支援学校を臨時休校としている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。