【コロナと学校】群馬県など休校延長 岩手県も一斉休校

地域での新型コロナウイルス感染拡大を受け、連休明けの段階でも終息が見通せないとして、4月23日、群馬県が県立学校の休校を5月31日まで延ばす方針を決めた。熊本市や滋賀県大津市も、市立学校の休校を5月31日まで延長する。また、緊急事態宣言の対象が全国に拡大された後も全域での休校措置を取っていなかった岩手県も、連休中の県立学校の休校を決めた。


岩手県(5月6日まで休校)
県の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で4月23日、連休中に県外からの移動による感染リスクが高まることを踏まえ、4月29日から5月6日までの間、県立学校を一斉臨時休校とする方針を決め、県立学校に通知した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。