【コロナと学校】在宅勤務中の教員に聞いた 実情と課題

新型コロナウイルスの感染拡大で教員の感染者も報告される中、臨時休校中の感染予防策として、在宅勤務を導入する自治体が増えている。在宅勤務を始めた教員は、具体的にどんな仕事をしているのか。また、在宅勤務をする上で、どのような課題があるのか。今回の臨時休校で在宅勤務を原則とする方針を示している東京都の教員に、本紙などが緊急アンケートを行った。

4月15~17日に、都内の公立学校の教員39人に「在宅勤務でどのような仕事をしているか」「在宅勤務についてどう感じているか」などを匿名による自由記述で回答してもらった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。