学生の採用選考で会談 萩生田文科相と中西経団連会長

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡大を受け、全国の大学でも長期の休校が続く中、萩生田光一文科相と経団連の中西宏明会長が4月23日、テレビ会議を行い、就職活動に不安を募らせている学生が不利益を被らないように、採用試験を今年は複数回実施したり、オンラインでの企業説明会や面接を取り入れたりするよう企業側に協力を求めるなど、採用選考を柔軟に進めることを話し合って一致した。

テレビ会議ではまず、経団連と国公私立大学の学長らでつくる「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」が3月31日付でまとめた提言書の概要を、経団連の中西会長が報告。提言書では、新型コロナウイルスの感染拡大により、多数の学生が集まる合同企業説明会など各種の採用イベントが中止・延期となり、先行きも見通せないとして、「産学が連携して特段の配慮を行う」とした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。