【コロナと学校】小中学校 全国の95%が臨時休校

政府の緊急事態宣言の全国拡大を受け、4月22日時点で全国の小学校と中学校の95%、高校の97%が臨時休校を実施していることが、文科省が4月24日に公表した調査結果で分かった。新学期になっていったんは学校を再開した自治体でも、ほとんどが再び臨時休校に転じた。22日時点で一部開校している岩手、新潟、鳥取、鹿児島の各県もゴールデンウイークに合わせて臨時休校を予定しており、現時点で緊急事態宣言の期限に設定されている5月6日まで、日本全国の小中高のほとんどが臨時休校している状況が確認された。

同調査は、4月22日正午時点で臨時休校を実施している学校を調べた。それによると、全国で91%の学校が臨時休校している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。