休校中の外国籍児童生徒 オンライン支援はわずか2割

海外にルーツのある児童生徒を支援する「YSCグローバル・スクール」は4月24日、一斉休校中の外国人児童生徒らの支援に関するアンケート調査の結果を発表した。回答した104の施設のうち、オンラインで支援を継続していたのは20%にとどまった。45%は実施する方向で検討中と回答したものの、児童生徒の家庭のネット環境や日本語レベルなどが課題となり、遅れていることが分かった。

結果によると、オンライン支援に活用するツールでは、ZoomやLINEが多かった。具体的な活用方法については▽学校の宿題で分からない問題をLINEで送ってもらい、回答を書いてLINEで説明する▽ショートメッセージやメッセンジャー、中国でポピュラーなSNS「WeChat」などで、ネットで学習できる教材を個別に案内している▽休校した場合、スマホでも参加できるオンラインシステムで授業をし、登校日を設けて課題の提出を確認する――などがあがった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。