10~17歳の約半数 ネット1日3時間以上、昨年度調査

子供のインターネットの利用時間が長時間化傾向にあることが、内閣府がこのほど公表した、2019年度「青少年のインターネット利用環境実態調査」の報告書で分かった。同調査は一斉休校前の今年1月10日から2月14日の間に、全国から抽出した満10~17歳の子供5000人とその保護者5000人を対象に実施。家庭でネットの利用時間などのルールを決めている割合は6割に上ったが、小学校から高校に校種が上がるにつれ、その割合は下がった。

10~17歳の子供で、ネットを平日1日あたり3時間以上利用する割合は46.6%を占め、平均では182.3分利用していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。