【コロナと学校】中教審 学校現場へのメッセージを議論

新型コロナウイルス感染症対策による臨時休校が全国に広がる中、中央教育審議会(中教審)は4月27日、初等中等教育分科会と新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会の合同会議をインターネット上で開き、臨時休校で登校できない児童生徒への支援と学校再開後の取り組みの方向性を示すメッセージの素案について議論した。会議では、1人1台端末の実現を目指すGIGAスクール構想の加速を受け、ICT環境の着実な整備の重要性が指摘される一方、「ICTを強調しすぎると、整備が遅れている学校や自治体に対して逆効果となる」といった意見が相次いだ。中教審では、議論の内容を踏まえ、4月末までに全国の学校現場に向けて、メッセージを発出する見通し。

素案は「全国の学校教育関係者のみなさんへ」と題され、(1)多様な手段による子供の状況把握、学びの保障、心のケアなどの対応(2)文科省による教育現場への徹底した支援(3)ICT 環境の整備と子供たちの学び合う場の確保――の3点から学校現場へのメッセージをまとめている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。