【コロナと学校】全国高校総体が初の中止に

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、8月に21府県での分散開催を予定していた全国高校総体(インターハイ)が中止されることが決まった。全国高等学校体育連盟(全国高体連)が4月26日、WEB会議で臨時理事会を開き、選手や関係者の安全確保が困難で、練習不足によるけがも危惧されるとして、1963年の第1回大会以降初めてとなる中止を決定した。春の選抜大会に続く全国大会の中止となり、大舞台で練習成果を発揮する機会を奪われた選手にとって酷な決断となった。スポーツ推薦で大学への進学や企業への就職を志す3年生の進路に影響を及ぼすことも懸念される。

今夏のインターハイはオリンピック・パラリンピック東京大会の影響で会場確保が難しく、当初の計画を変更して、東北から九州にかけて21府県で陸上、競泳、柔道、バスケットボールなど計30競技を分散開催する予定だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。