【コロナと学校】全国中学体育大会 中止が決定

日本中学校体育連盟(中体連)は4月28日、夏の全国中学校体育大会(全中)を中止することを決め、都道府県の中体連や関係機関に通知した。新型コロナウイルス感染症の拡大が収まらず、臨時休校が続いて部活動も再開できない中学校が大半を占めるため、大会開催はリスクが大きいと判断した。夏の全中は8月17日から25日にかけて静岡、愛知、岐阜、三重の東海地方4県で陸上、水泳、軟式野球など16競技を行う予定だった。代替大会は行われない見通し。

中体連は4月16日に臨時理事会を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で取りやめ、開催可否について総合的に判断するため、理事から文書で意見を募っていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。