【コロナと学校】9月入学求める声 知事や野党も提案

新型コロナウイルスの感染拡大による休校が長期化しているのを受け、知事や野党から学校の入学や始業を4月から9月にずらす声が上がっている。4月28日までに、宮城県の村井嘉浩知事と広島県の湯崎英彦知事が「9月入学」の可能性に言及。国民民主党や日本維新の会でも提案に向けた動きが出ている。

宮城県の村井知事は4月27日の定例記者会見で、新型コロナウイルスによる学校の休校延長についての判断を聞かれ、個人的な見解と断った上で、「思い切って学校の入学、始業の時期を9月にずらすというのも一つの大きな方法ではないかと思っており、知事会にも提案したい」と述べた。

その理由として、休校が長期化したことによる学力格差をなくせることや、諸外国では9月入学が一般的であることから、それに合わせることで留学生の受け入れや日本人学生の留学がしやすくなり、大学の国際化が進むなどの利点を挙げた。

村井知事は28日に開かれる全国17県の知事で構成される「日本創生のための将来世代応援知事同盟」のWEB会議でも、9月入学を政府に申し入れることを提案する考えだとし、すでに数人の知事が賛同していることを明かした。

広島県の湯埼知事も28日の記者会見で、「果たして進学を来年の4月からするのが適正なのか。あるいは進級をするのが適正なのかは、やはりきちんと議論しなければいけない」と述べ、9月入学の選択肢の可能性について触れた。

これを受けて全国知事会では、9月入学について何らかの提言を取りまとめる方向で調整を進めている。

また、野党でも議論が活発になっている。

国民民主党は「9月入学検討ワーキングチーム」を立ち上げ、4月27日に初会合を開いて、9月入学を実施した場合のメリットや社会に与える影響などを検討した。

日本維新の会も同27日に公表した「新型コロナウイルス対策に関する提言」(第4弾)の中で、臨時休校によって生じた「学習状況の進捗(しんちょく)のばらつきをリセットするため」として、幼稚園から大学までの教育課程を9月入学に改めることを盛り込んでいる。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集