【コロナと学校】9月入学求める声 知事や野党も提案

新型コロナウイルスの感染拡大による休校が長期化しているのを受け、知事や野党から学校の入学や始業を4月から9月にずらす声が上がっている。4月28日までに、宮城県の村井嘉浩知事と広島県の湯崎英彦知事が「9月入学」の可能性に言及。国民民主党や日本維新の会でも提案に向けた動きが出ている。

宮城県の村井知事は4月27日の定例記者会見で、新型コロナウイルスによる学校の休校延長についての判断を聞かれ、個人的な見解と断った上で、「思い切って学校の入学、始業の時期を9月にずらすというのも一つの大きな方法ではないかと思っており、知事会にも提案したい」と述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。