【コロナと学校】「9月入学」の検討状況を説明 文科相

新型コロナウイルスの感染拡大で学校再開の見通しがはっきりしない中、萩生田光一文科相は4月28日の閣議後会見で、新入学と新学期のスタート時期を9月に変更する考え方について、「確かにメリットがいろいろある」と述べ、シミュレーションを重ねるなど文科省内の検討状況を明らかにした。同時に、「文科省だけで完結する問題ではない。入試や就職活動など社会全体で考えることが必要だ」と指摘。「オールジャパンで『子供たちの学びを確保するためには、もうこれしかない』と、本当に一緒に考えてもらえるなら、一つの大きな選択肢になってくる」と踏み込んだ。

萩生田文科相は、休校長期化への懸念を背景に県知事や野党の一部から9月入学の検討を求める声が出ていることを受け、「いまは早期の収束に向けて感染拡大防止の取り組みを徹底した上で、子供の『学習の保障』のための取り組みを一層しっかり進めることが重要だ」と話し、現在の局面では学校再開に向けた努力が大切だとの考えを強調。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。