「学校・子供応援サポーター人材バンク」を開設 文科省

学校再開時に授業や補習を充実させようと、文科省は4月30日までに、「学校・子供応援サポーター人材バンク」を開設した。退職教員や塾講師、大学生らに登録してもらい、居住地の教育委員会などが地域の状況に応じて依頼して、学校再開後に授業の遅れを取り戻す学習指導員などとして働いてもらう。学校や教委が必要な人材をすぐ探せるよう、教員免許の有無にかかわらず協力を呼び掛けている。

募集の詳細は「学校・子供応援サポーター人材バンク開設」と題し、同省のホームページに載せた。休校明けの学校は子供たちの学習ケアや心のケア、感染症対策など、たくさんの大人のサポートが必要になるとして、主に居住地の近くにある学校で働いてもらうことを想定し、登録を呼び掛けている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。