【コロナと学校】高まる虐待リスク 教師に何ができるか

新型コロナウイルスの影響による休校長期化で、子供への虐待リスクが高まると懸念されている。感染防止のために直接会うことも難しい現状で、ストレスにさらされる子供たちのサインを見過ごさず、支援につなげるために、学校現場は何ができるのだろうか。スクールソーシャルワークが専門の山野則子大阪府立大学教授に聞いた。

子供の状況を把握できるのは教師だけ
――休校が長引き、家庭での虐待リスクが高まるのではないかと懸念されています。
私のところにも、全国の教育委員会や学校、教師から、問い合わせやお話が聞こえてきます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。