【コロナと学校】9月入学 首相「前広に選択肢を検討」

新入学と新学期を9月に変更する「9月入学」の導入議論について、安倍晋三首相は4月30日の参院予算委員会で、「世界各国をみても、欧米は9月。前広にさまざまな選択肢を検討していきたい」と述べた。萩生田光一文科相は「一つの大きな解決策の方法として考えていきたい」と答弁した。全ての小中学生に1人1台端末を今年度内に整備するGIGAスクール構想の関連経費2292億円を盛り込んだ今年度補正予算は、参院本会議で全会一致により可決され、成立した。

安倍首相は「感染拡大防止のために、いま学校の臨時休校に取り組まざるを得ない中、子供たちの学びに著しい遅れが生じないようにすることは極めて重要」とした上で、「学校休校の長期化を見越して、9月入学も視野に入れて検討すべきではないかとの議論がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。