【コロナと学校】小6・中3優先で再開を 新指針公表へ

新型コロナウイルス感染症の収束に相当な時間がかかるとの見通しを踏まえ、萩生田光一文科相は4月30日の参院予算委員会で、感染リスクが高いとされる「3密」(密閉、密集、密接)を避けながら、地域の感染状況を踏まえて段階的に学校再開を図るよう、新たにガイドラインの改訂を行い、都道府県などの教育委員会に通知する考えを明らかにした。具体的には、卒業や進学を控えた小学校6年生や中学3年生を優先して再開するほか、教室内で児童生徒が3密になる状態を回避するため、クラスを複数のグループに分けて登校するよう求める。萩生田文科相は、政府の新型コロナウイルス対策専門家会議の見解を確かめた上で、5月1日に通知を発出したいとしている。

学校再開の考え方について、萩生田文科相は 5月6日までの緊急事態宣言の延長が検討されている状況を受け、「感染リスクゼロという状況が起きれば一番いいが、地域によって状況はさまざま。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。