【コロナと学校】同時双方向型が鍵 遠隔体育教室に挑戦

全国の体育の教員や研究者らによる「体育ICT研究会」は4月27日から5月2日まで、ビデオ会議ツール「Zoom」を活用し、全国の家庭と教員をつないだ同時双方向型の体育のオンライン授業「放課後遠隔体育教室」の試みを始めた。初日の授業では、家庭でもできる新聞紙を使った体つくり運動や表現運動に挑戦し、各地に住む子供同士が発表や交流を行った。

放課後遠隔体育教室は、休校の長期化で児童生徒の体力低下が懸念される中、これまで同研究会が培ってきた遠隔授業のノウハウを生かそうと企画された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。