【工藤勇一校長×中邑賢龍教授】コロナ危機と学び巡り対談

コロナ危機をきっかけに急速に変わる社会において、新たな日常と教育の在り方を模索するオンライン対談イベント(一般社団法人 Learn by Creation主催)が4月29日、開かれた。メインスピーカーとして、横浜創英中学・高等学校の工藤勇一校長(前東京都千代田区立麹町中学校長)と、東京大学先端科学技術研究センター教授で、異才発掘プロジェクトROCKETディレクターの中邑賢龍(なかむら・けんりゅう)教授が登壇し、全国から総勢500人を超える教育関係者と保護者、学生らが参加した。

工藤校長は「学校や教員は、本来であれば子供の学びを支える支援者であるべきだが、これまでの日本の教育は手をかけ過ぎてきたため、子供たちの自律性が失われている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。