【コロナと学校】教育実習 3分の1まで大学の授業で代替

新型コロナウイルスの感染拡大で学校の臨時休校が続く中、文科省は5月1日、教員免許状の取得に必要な教育実習の単位について、今年度の特例措置として、実習期間の3分の1を超えない範囲で、大学や専門学校の授業で代替できる扱いとすることを決め、全国の大学や都道府県の教育委員会などに通知した。

また、通知には、学校再開後に小中高で行われる補充の授業や補習に学生が学習支援員として参加した場合、実習期間の3分の1を超えない範囲で教育実習の単位として認める措置も盛り込んだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。