【コロナと学校】地域別で段階的再開 緊急事態宣言延長

新型コロナウイルスの感染拡大を巡る緊急事態宣言について、政府は5月4日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、全国を対象区域としたまま5月31日までの延長を決めた。記者会見した安倍晋三首相は「長期戦を覚悟する必要」とした上で、「経済社会活動を厳しく制限し続ければ、暮らし自体が立ち行かなくなる」と指摘。「段階的であっても子供たちの学校生活を取り戻していく」と、感染リスクを回避しながら地域の実情に応じて段階的な学校再開に踏み出す考えを表明した。文科省は緊急事態宣言の下でも分散登校によって感染リスクを回避する学校運営上のガイドラインを先に通知しており、連休明けから全国の自治体で学校再開の道筋を探る動きが本格化しそうだ。

政府の対策本部では、基本的対処方針を変更し、特に重点的な対応が必要な「特定警戒都道府県」はこれまでの取り組みを継続する一方、それ以外の34県では、感染拡大の防止と社会経済活動の両立に配慮した取り組みに徐々に移行していく方針を示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。