自宅でSDGs学ぶ機会 金沢工業大が教材開発

休校期間中の児童生徒に向けて、金沢工業大学はこのほど、自宅でSDGsを学べる教材「STAY HOME for SDGs ~おうちで取り組む17日間 SDGs チャレンジ~」を開発し、ホームページで公開した。学生団体「SDGs Global Youth Innovators」と連携し、「保護者と家事を分担する」や「休校中に新しくできるようになったことを紹介する1分間動画をつくる」など、小学校低学年から取り組める内容にまとめた。

同学は全国の小中高で一斉休校が始まった3月から、「さまざまな教育関連組織が無償で学習ツールを提供している一方で、学習成果を発表する機会は十分に用意されていないという状況がある」として、SDGsに関連した学習支援や、オンライン上で児童生徒が学習成果を発表する機会を設けてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。