少子化対策の見直しへ 内閣府がパブコメ募集

少子化対策の方針を5年ぶりに見直すための少子化社会対策大綱(第4次)案について、内閣府は5月11日まで、パブリックコメントを募集している。パブリックコメントを反映した上で、5月中をめどに閣議決定する方針。

日本の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産むことが見込まれる子供の数)は長期的な低下傾向にあり、2005年には過去最低の1.26を記録。その後わずかに回復したものの、18年には1.42にとどまっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。