【コロナと学校】教採1次試験実施せず 北九州市が方針

新型コロナウイルスへの感染防止として、北九州市教育委員会はこのほど、今夏に実施する来年度の教員採用試験について、1次試験を実施せず、2次試験のみに変更する方針を発表した。併せて志願書の受付も6月末まで延長する。

同市教委によると、7月12日に筆記試験や適性検査を行う予定だった1次試験は、1つの会場に大人数が集まり、感染リスクが高いため実施しないこととし、8月に行う2次試験のみで志願者を選考する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。