【コロナと学校】9月入学の議論は慎重に PTAが要望書

新型コロナウイルスの影響による休校の長期化で、政府内で「9月入学」が検討されていることを受け、日本PTA全国協議会はこのほど、文科省に対し、慎重な議論を求める緊急要望書を出した。9月入学は学校現場や家庭などに大きな負担を与えかねないとして、新型コロナウイルスを契機とした導入に懸念を表明した。

要望書では、9月入学の議論の高まりは、保護者に多くの戸惑いを生んでいるとし、むしろ休校中の学びの保障や子供の心身のケア、入試の弾力的な実施などに注力すべきだと、くぎを刺した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。