各校に新たにコード付与 文科省が方針、EBPMを推進

文科省はこのほど、学校基本調査などで用いられ、学校ごとに番号が振られている「学校調査番号」を改め、「学校コード」として各学校に付与し直す方針を示した。5月20日まで、意見を公募している。同省ではシステムの更新に合わせて、2022年度からの切り替えを目指している。

従来の学校調査番号は、都道府県ごとに独立して番号を振っていたことや、番号が不足し、廃校となった学校の番号を新設校に流用したケースがあったことから、全国や経年で見ると、同じ学校調査番号が振られた学校が複数存在している状態となっていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。