20日に夏の甲子園開催可否の協議 延期困難で調整難航か

新型コロナウイルス感染症の拡大が深刻な中、8月10日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕予定の第102回全国高校野球選手権について、日本高等学校野球連盟(高野連)は5月20日に運営委員会を開き、開催の可否を協議する。春の選抜高校野球大会に続く中止は避けたいと、開催の道筋を探っているが、多くの高校で臨時休校が続き、部活動の再開もできない中、クリアすべきハードルは高い。夏の甲子園と同じ8月10日の開幕を目指していた全国高校総合体育大会(インターハイ)は、選手や関係者らの感染リスクを重く見て4月26日に早々と中止を決めており、高野連の判断が注目される。

政府が緊急事態宣言の期限を5月31日まで延長し、スポーツ大会の開催は困難な状況が続く。学校再開がままならない自治体が大半を占める中、夏の甲子園も開催の危機に直面している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。