【コロナと学校】途方に暮れる外国籍児童生徒

日本語指導が必要な外国籍の児童生徒にとっては特に、この長い休校期間中の家庭学習には大きな困難がある。外国籍児童生徒を支援するYSCグローバル・スクールの多文化コーディネーターであるピッチフォード・理絵氏と山田拓路氏に聞いた。


「学習で使う日本語」は別物
同スクールでは一斉休校が始まった3月から、児童生徒の家庭学習をオンライン上でサポートするサービス「自習ルーム」を無償で開始した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。