【コロナと学校】9月入学より「学びの保障」 日本教育学会

学校の休校長期化を背景に政府が検討している9月入学への移行について、日本教育学会は5月11日、「時間をかけた丁寧な社会的議論が必要」として、政府に「拙速な導入を決定しないよう」求める声明を発表した。「学校休校による子供、保護者、教職員の不安や心配の声に応える、実効性ある対策」が急務だとして、学校再開時に学習の遅れや地域間格差に対応するため、必要な予算と人員を事前に手当てするなど、学びの保障に必要な措置を9月入学論議よりも重視するべきとの考えを表明した。

声明では、9月入学問題が浮上した背景として、休校による学習の遅れや受験への不安、部活動や行事など学校生活の時間を削減しないでほしいという子供たちと、ストレスを心配する保護者、教師たちの声に耳を傾ける必要があるとした上で、「9月入学は不安や心配の基にある、直面する問題の解決にはどれほど有効か」と疑問を投げ掛けた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。