【コロナと学校】虐待を早期発見 厚労省が強化プラン

休校や外出自粛の長期化で、子供の虐待リスクが高まっているとして、厚労省はこのほど、学校や民間団体など地域の関係機関のネットワークを活用して、虐待の早期発見、早期対応につなげる「子どもの見守り強化アクションプラン」を発表した。リスクの高い家庭に対し、少なくとも週に1回程度、子供の状態を確認したり、見守りを強化したりする体制を各地域で構築する。

同プランによると、対象となっているのは要保護児童対策地域協議会(要対協)に登録されている支援対象児童や特定妊婦。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。