【コロナと学校】2次補正 再開後のマンパワーに重点

新型コロナウイルスの感染拡大による影響に対応する追加措置として、政府与党が編成を検討している今年度の第2次補正予算案について、萩生田光一文科相は5月12日の閣議後会見で、「学校が再開した後には、(授業の補充や補習のために)マンパワーが当然必要となってくる」と述べ、加配教員や学習指導員などの関係経費を文科省として要求していく方針を明らかにした。感染の第2波第3波によって再び学校の休校を迫られる事態に備え、「より充実した在宅での授業の在り方も検討しなければならない」として、オンライン授業の充実に向け、ICTの専門的知識を持った専門家を拡充する考えを示した。

萩生田文科相は、一部の自治体で緊急事態宣言の解除が検討されていることを念頭に、学校再開について「少しずつ分散(登校)でも結構なので、子供たちの学びの機会を作ることが極めて重要。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。