【コロナと学校】9月入学 小中高の校長会は慎重姿勢

「9月入学」の賛否を問う、本紙電子版「Edubate」の読者投票では、5月12日午後7時半現在、「賛成」53%、「反対」44%、「どちらともいえない」3%と、意見はほぼ割れている。では小中高の校長会は、この議論をどう見ているのか。教育新聞の質問に共通して聞かれたのは、休校への対応という形で拙速に9月入学への移行を推進することに対する、慎重な声だった。

全国連合小学校長会の喜名朝博会長(東京都江東区立明治小学校校長)は「学習指導要領が定める授業時数をこなせないという、リミットが差し迫った状況を解決するためだけに、9月入学とするのは望ましくない」と話す。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。