【コロナ時代の教育】オンライン授業を生徒と共創

島根県立隠岐島前高校(井筒秀明校長、生徒160人)が実践するオンライン授業の事例報告イベントがこのほど、ビデオ会議システムを使って開催され、教育関係者や保護者ら約80人が参加した。

「隠岐島前教育魅力化プロジェクトはどのように緊急的なオンライン対応を実現できたのか?(共学共創的対話で)」と題された同イベントでは、同校の大野佳祐学校経営補佐官が、オンライン授業導入の検討から約3週間で本格運用をスタートさせるまでの動きを時系列で紹介した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。