【コロナと学校】AO・推薦入試 面接などの工夫を通知

新型コロナウイルスの感染拡大で、部活動の大会や資格検定試験が中止・延期となっている現状を受け、文科省は5月14日、9月ごろからスタートする大学入学者選抜の総合型選抜(AO入試)や学校推薦型選抜(推薦入試)で、特定の受験生が不利益を受けないよう、各国公私立大学に配慮を求める事項を通知した。高校時代に努力したプロセスや大学入学後に学ぶ意欲を多面的・総合的に評価することや、オンラインによる個別面接を取り入れるなど選抜方法の工夫を求めている。

同通知は5月14日付で、伯井美徳・文科省高等教育局長名で出された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。