【コロナと学校】高校入試 出題範囲「適切な工夫」通知

新型コロナウイルスの感染拡大による休校長期化によって、授業の進み具合に格差が出ている現状を受け、文科省は5月14日、高校入学者選抜の実施に当たり、地域における中学校の学習状況を踏まえ、受験生が安心して試験に臨めるよう、都道府県教委などに十分な配慮を求める通知を出したことを明らかにした。通知では、部活動の大会などが中止や延期になり、入学志願者が参加できなかったことで不利益を受けることがないよう必要な措置を講じることや、中学校の長期休校に配慮して、高校入試の出題範囲や内容について適切な工夫をするよう求めた。

同通知は5月13日付で、丸山洋司・文科省初等中等教育局長名で出された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。