【コロナと学校】9月入学「深く議論したい」 首相表明

新型コロナウイルスの感染拡大を巡る緊急事態宣言について、安倍晋三首相は5月14日、首相官邸で記者会見し、特定警戒都道府県の一部を含む39県に対し同日付で解除することを表明した。また、追加の経済対策が必要と判断したとして、今年度の第2次補正予算案の編成に着手する方針を明らかにした。質疑応答では、学校休校の長期化に伴って浮上している9月入学の導入論について、「有力な選択肢の一つだろう」と指摘した上で、「しっかりと深く議論していきたい」と述べた。

緊急事態宣言が継続される東京や大阪など8つの都道府県について、安倍首相は、5月24日に改めて新型コロナウイルス感染症対策専門家会議を開き、感染状況の推移などを見ながら緊急事態宣言を解除するかどうか検討する考えを示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。