新井紀子教授ら有識者と高校生 大学入試検討会議で提言

大学入試の問題点を探り、今後はどうすべきか議論する文科省の「大学入試のあり方に関する検討会議」の第7回会合が5月14日、WEB会議で開かれ、国立情報学研究所社会共有知研究センター長の新井紀子教授ら有識者4人と高校生2人が、さまざまな立場や視点から提言した。東京大学などの難関校を志す受験生がいる一方で、問題文をきちんと理解する読解力が身に付いていないなど、学ぶ力が欠如した受験生もいる現状を踏まえて、入試改革をどう進めるか、教科の枠を超えた提言が出された。

「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトや、著書『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社)などで知られる新井教授は「センター試験のメインの利用は数字上、国立大から私大にシフトしている」と分析した上で、文章をきちんと読み取る力などが身に付いていないまま、大学に進む学生が多い現状を嘆いた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。